お米はどうやって選べば良い?通販で購入する場合や美味しいお米や新米の選び方などを解説

このサイトではお米はどのように選べば良いのか、という疑問を持っている人に向けて通販で購入する場合や美味しい米の選び方などを解説しています。
米は粒の大きさが揃っていて半透明のものが美味しいといわれています。
購入するときには、粒のサイズや色をチェックすると良いでしょう。
米は無洗米の方が栄養素が多く含まれているとも言われます。
せっかく食べるなら栄養価の高いものを選びたい、という場合には参考にしてみても良いかも知れません。

お米はどうやって選べば良い?通販で購入する場合や美味しいお米の選び方などを解説

毎日の食卓に上るお米の解説をチェックして、美味しいお米を選びたいという人もいるのではないでしょうか。
通販で購入する場合も店頭で選ぶ場合も、まずは産年を見て新しいものにします。
古くなると味が落ちることがあるからです。
特に秋は新米の季節なので、一年で最もお米が新鮮な時期と言えます。
また美味しさにこだわるなら、銘柄米を選ぶと良いでしょう。
銘柄米よりも安い価格でブレンド米が売られていることもありますが、その場合には品質があまり高くないお米も混ざっていることも考えられるからです。

お米の精米日をチェックして購入する

お米は精米日をチェックすることが重要となり、見た目や味に大きく影響を与えます。
お米は大量に買うことでおひつに保管することが一般的だと思われがちですが、直射日光を避け涼しいところに保管しておくことが重要となるのです。
梅雨時期には注意が必要で、湿度や虫がよる可能性があるためわさびのような匂いがあるものを添えておくことでこれらを防ぐことができます。
この時に重要なのがお米の精米日となり、新しければ白さやツヤを維持することができ炊いた後に、見た目やツヤを感じることができるのです。
精米から月日がだんだん経っていくと米の色が変わってき、艶も失われてきます。
具体的には茶色っぽい色や黒色が目立ってくるようになるのです。
これでは炊いた後に味が落ちたり見た目が悪くなったりする可能性が出てくるのです。
角前日からの経過日数だけでなく保管方法も気をつけなければその劣化を早めることにつながります。
最も良いのが冷蔵庫のようなところで保管をしておくとその結果を長期化していくことができるのです。

お米は単一原材料を選ぶのがおすすめ

せっかく購入するなら美味しく食べられるお米を選びたいものではないでしょうか。
現代の日本では様々な産地で栽培された豊富な種類の商品が、実店舗でも通販でも売られています。
選択肢が沢山ある場合、それらの中から一体どれを選んだら満足感のあるご飯が食べられるのか分かりにくいかもしれません。
お米は大きく分けると単一原料のものと、複数の原料を混ぜているものの2種類があります。
1種類の銘柄のものは、例えば「コシヒカリ」や「ササニシキ」などといった名前で売られているものがあります。
複数の原料を混ぜているものは「ブレンド米」と呼ばれているお米です。
ブレンド米の場合には産地や銘柄、収穫した年などが異なる色々なお米が混ざっているのが特徴です。
そのため混ぜられたものの中には、古いものや評価の低いものが入っている可能性もあります。
場合によっては味が落ちることもあるのが特徴です。
その点、単一原材料の商品なら味の予想ができます。

お米の米粒が割れていると味の質が落ちる

お米には数々の品種があり、農家の人が専業として働き、改良や工夫を重ねています。
味には日本人の好みと、古くからの伝統があるので、外国産のお米では再現できない特殊な口当たりが存在します。
米粒は際だっている程に価値を与えられ、歯ごたえと香りや芳醇さには個別のパッケージとフォルムを有するでしょう。
オーガニックであることから、米粒の劣化を防ぐ保護の方法と職人の技によって作られます。
レベルが分けられて値段の上下にも貢献するデザインや優越性を、お米が植えられてから発芽して収穫するまでの作業に見て取れる程です。
品質を向上させるために研究が行われる一方で、つくり手の努力と手間暇をかける意志で顧客の満足感を充足させる手法は、日本人の得意とするやり方でしょう。
特に粒立ちが優れているものは、低価格帯で売られている軽さと脆弱さを背負っているタイプのものとは違い、炊飯器に入れたあとにも水を吸うことにも力を入れて作る人が多いです。

通販では様々な種類のお米を購入できる

お米は日本では昔から食べられている食材であり、毎日の献立の中に入っているようなことも珍しくないです。
日本にはいろいろな地域に産地がありますし、品種などにも違いがありますから、各自で自由に選んで購入することができます。
スーパーマーケットなどでも販売されていますが、そのような場所で購入すると限られた種類のお米しか買えないかもしれないです。
通販サイトで購入することを選べば、日本各地のお米を好きなタイミングで購入することができますから、お気に入りの商品を気軽に購入することができます。
いろいろな種類の商品を買うことができるので、各自の口に合う産地などを探していくのも楽しいかもしれないです。
お米は基本的に重たいので自宅まで運ぶのが大変ですが、通販であれば配達業者などか自宅まで運んでくれますから、そのような点も大きなメリットになると考えられます。
リピートして購入することができる場所を確保できれば、毎日の食事のクオリティを効率的に上げられるはずです。

お米は特別栽培米を選ぶと残留農薬が少ない

われわれ日本人の主食といえば、お米です。
毎日必ず口にするため、購入時は産地や銘柄にこだわって少しでも美味しいものを手に入れたいものでしょう。
今ではスーパーマーケットやデパートだけでなく、ネット通販サイトでも全国各地のお米を購入できる環境が整っています。
そこでここでは、どのようなお米を選べばいいのかというヒントを簡単にご紹介をしていきます。
まずは栽培時の農法に着目をすると、限りなく無農薬で残留農薬が少ないものがベストな品と言えるものです。
ネット通販サイトでは「特別栽培米」という名称で記載をされることが多いので、それを選択することです。
特別栽培米とは農家が手間暇をかけて育てていることを表現しており、一般的な大量栽培とは異なっていることをしめしています。
その分、お米の販売価格が少し高くなり、コシヒカリであれば1キログラムで約3000円ほどです。
農薬を使っていないことで、幼いお子様にも安心して食べさせられます。

お米の美味しさはデンプンの含有量に左右される

日本人になじみのある白米は様々な種類があり、それぞれ粒の形や食感、色などが異なっています。
料理ごとに使い分けることも多く、カレーやチャーハンには粘りの弱いものが、おにぎりやお弁当には冷めても硬くなりにくいものが選ばれることが多いです。
毎日食べても飽きないお米のおいしさはデンプンの含有量が関係しています。
お米は主成分がデンプンとなっておりブドウ糖が直鎖状につながったアミロース、木の枝のように分かれてつながったアミロペクチンの2種類で構成されています。
アミロースが含まれていない米がお餅になるもち米であり、通常食べているうるち米は16%から23%ほどです。
一般的にアミロースが少ないお米はおいしいと言われており、アミロースが高くなると粘りが弱くなりごはんも硬くなります。
品種によって差がありますが、気温も影響しており、出穂から刈り取りまでの期間に気温が高くなるとアミロース含量は少なくなり、低くなると高くなってしまいます。

朝ごはんにお米をしっかり食べたい人はさっぱりとした品種が良い

毎日必ず1食はコメを口にされることでしょう。
アジアのなかでも日本人はお米の消費量が非常に多く、あらゆる料理と一緒に口に含んでいるものです。
おにぎりから雑炊・餅に煎餅など、お米を使った料理も多いのが、消費量の高さに比例をしているといえます。
朝ごはんでも若い方では昨今、和食を好まれる方も増加しました。
低カロリーでエネルギー補給がしやすい点が、人気となったといけます。
朝だとあまり食欲がわかないという方も多いですが、そういうときはさっぱりとした品種をおすすめします。
コシヒカリは粘り気が強く、粒が大きいので理想的ではないですが、ササニシキなら小食の方でも食べやすくなるものです。
さっぱりとさせるには軽く塩をかけてみるのがおすすめです。
甘みがあるため、そのままだと卵焼き等のおかずには合いにくい側面もあります。
ただし塩をかければその限りではないので、おにぎりにして食卓に並べるといいものとなるお米になるものです。

育ち盛りの子供がいる場合は歯ごたえのあるお米がおすすめ

育ち盛りで食事量が増えている子供がいる場合は、歯ごたえのあるものを与えるのが良いのではないでしょうか。
咀嚼は栄養の消化吸収に重要ですし、お米も例外ではなく、よく噛んで食べるほど旨味が感じられて満足感も得られます。
歯ごたえのあるお米を選んで子供に食べさせると、一口あたりに時間を掛けて味わって食べるようになりますし、あごも鍛えられます。
これは食育と健康的なあご周りの発育が両立できることを意味します。
お米は噛むほど本当の美味しさが分かるので、美味しさを知る対極にある早食いを防ぐのにも役立ちます。
何より、早食いは血糖値が上がりやすく太りやすく、肥満のリスクに繋がることがわかっているので、それを避ける意味でもお米の選び方は重要だといえます。
勿論、炊き方1つで食感は変わってきますし、おかずとの組み合わせや周りの大人の食べ方も子供に影響するので、その点も含めて考えて選んだり与えるのが正解ではないでしょうか。

ダイエット中の人は甘みがすくないお米がおすすめ

在宅時間が増えたことで、太ってしまった方は少なくないと思われます。
太ってしまうと見た目が悪くなるだけでなく、健康リスクも高くなるので早めに痩せるべきです。
そこで、ダイエットに適した食材があります。
それは何かというとお米です。
ダイエット中は避ける人が多いのですが、実は甘みが少ないことに加えてカロリーも低いので、パンや麺類を食べるのであればご飯を食べることをおすすめします。
お米はゆっくり時間をかけて消化されていくため、脂肪として蓄積されにくいことも特徴です。
もちろん食べ過ぎは良くありませんが、適量であれば全く問題ありません。
ご飯1杯分で約160kcalになります。
このカロリーはショートケーキの半分で、インスタントラーメンの3分の1程度なので、かなり低いことが分かると思われます。
せっかくダイエットに適した食べ物なのに、避けてしまうのは本当に勿体ないです。
ビタミンも含まれていて、美肌効果も期待できます。

お米に関する情報サイト
お米の上手な選び方

このサイトではお米はどのように選べば良いのか、という疑問を持っている人に向けて通販で購入する場合や美味しい米の選び方などを解説しています。米は粒の大きさが揃っていて半透明のものが美味しいといわれています。購入するときには、粒のサイズや色をチェックすると良いでしょう。米は無洗米の方が栄養素が多く含まれているとも言われます。せっかく食べるなら栄養価の高いものを選びたい、という場合には参考にしてみても良いかも知れません。

Search