お米は無洗米の方が栄養素が多く含まれている

お米は無洗米の方が栄養素が多く含まれている

最近ではスーパー等に売っている様々な銘柄で無洗米が販売されていますが、これはその名の通り米研ぎの必要が無いお米の事です。
ここでは無洗米と一般的なお米(精白米)で栄養価に違いがあるか解説します。
そもそも、それぞれのお米自体に差があるのかというと、実はどちらも全く同じものなのです。
精白米の外側には「肌ヌカ」と呼ばれる粘着性の高いヌカがついていますが、これを除去したのが無洗米です。
つまり、本来両者には栄養価に差がないはずなのです。
しかし実際に食卓に上がるまでの過程で、両者には少しだけ差が生まれます。
無洗米はご飯を炊く前に米研ぎをする必要がありません。
そのため、米を袋から出して炊きあげるまで水溶性の栄養素が流れ出さないのです。
これにより無洗米の方が精白米より栄養が多いと言われているのです。
米に含まれる水溶性の栄養素には、ビタミンB1やナイアシンが挙げられます。
また、麦ご飯には血糖値の上昇を防ぐ「β-グルカン」が含まれます。
1日に必要な量に対してはわずかですが、毎日口にするものですから少しでも体にいいものを採りたいですね。

お米を研ぐたびに気になる水道代の節約方法

炊きたてでほかほかの白ご飯は、特別美味しく感じられます。
和食だけでなく洋食でも中華料理でもさまざまなおかずで食べられる白ご飯を、毎日の食卓に欠かせないという方もいるのではないでしょうか。
お米を研ぐたびに気になるのが水道代です。
お米を研ぎは数回ほど繰り返すため、一定量の水が必要となります。
節約に励んでいる方にとっては、できる限り光熱費の出費は抑えたいもの。
無洗米なら通常よりもお米を研ぐ回数が少なかったり、洗う必要がないため水道代の節約にピッタリです。
精白米の表面は肌ヌカで覆われており取り除くために研ぐ必要があるのですが、無洗米は精米の際に肌ヌカが取り除かれているため精白米ほど研ぐ必要はありません。
手間が少なく手軽なため、仕事や子育てで忙しい方にとっては助かります。
スーパーなどのお米売り場に行くと、精白米よりも無洗米の方が少しだけ価格が高くなっています。
時短や光熱費の節約に便利な無洗米を取り入れてみてはいかがでしょうか。

お米に関する情報サイト
お米の上手な選び方

このサイトではお米はどのように選べば良いのか、という疑問を持っている人に向けて通販で購入する場合や美味しい米の選び方などを解説しています。米は粒の大きさが揃っていて半透明のものが美味しいといわれています。購入するときには、粒のサイズや色をチェックすると良いでしょう。米は無洗米の方が栄養素が多く含まれているとも言われます。せっかく食べるなら栄養価の高いものを選びたい、という場合には参考にしてみても良いかも知れません。

Search